?
秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



分館・旧奈良家住宅
 (国指定重要文化財)


 旧奈良家住宅 

 
 旧奈良家住宅は、江戸時代中期の宝暦年間(1751~1763)に奈良家9代善政(喜兵衛)によって建てられました。このときの棟梁は土崎の間杉五郎八で、3年の歳月と銀70貫を費やしたといわれています。
 建物の両端が前面に突き出す形は両中門造りとよばれ、秋田県中央海岸部の代表的な農家建築です。奈良家の場合は、正面左側が上手の中門(座敷中門)、右が下手の中門(厩中門)になっています。
 茅葺き屋根や板壁、鉋仕上げ・チョウナ仕上げによる部材などから、いかにも古風な民家をうかがうことができます。それとともに、入母屋に構えた厩中門の屋根や、書院造り風の座敷などからは、県内屈指の豪農としての格式の高さを知ることができます。
 旧奈良家住宅は、秋田県中央海岸部の大型農家建築物として、よく初期の形態をとどめ、また建築年代が明らかな点でも貴重な民家であり、昭和40年5月29日に国の重要文化財に指定されました。
 また、周辺には明治~大正時代に建てられた附属屋もあり、こちらも貴重な文化財です。



旧奈良家住宅 内部の様子

ざしき おえ いろり
ざしき おえ(接客用の部屋) いろり



旧奈良家住宅 附属屋(一部)

座敷蔵   米蔵   文庫蔵
座敷蔵 米蔵 文庫蔵

※附属屋の配置はこちら



軒の山吹

 江戸時代の紀行家である菅江真澄は、その著『軒の山吹』の中で当博物館が所在する金足地区をはじめ、現在の秋田市北部において、家々の軒先に山吹の花と葦に刺した餅が飾られている美しく不思議な光景を目にしたことを記録しています。旧暦の3月24日に行われており、その日は地域の神社のお祭りの宵宮にも当たるところから、豊作を祈り、予兆占いにも通じているもの、と菅江真澄は推定しています。
菅江真澄『軒の山吹(館蔵写本)』より  



旧奈良家住宅(秋田県立博物館分館)
〒010-0116 秋田市金足大字小泉字上前8
TEL:018-873-5009