秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



 
   展示期間 平成30年9月22日(土)~11月4日(日)
   開館時間 午前9時30分~午後4時30分(11月からは午後4時閉館)
   休館日 毎週月曜日 月曜日が休日の場合は次の平日
   展示概要 菅江真澄が亡くなって今年で190年。「菅江真澄遊覧記」は、地域の歴史や文化を、江戸時代後期に書きとめた「記憶のかたち」です。郷土の伝統を学び、未来に引き継ぐための200点余りの資料を紹介します。

チラシPDF
 
ポスター・チラシ(PDF)
   総資料点数(概数) 約200点
   主な展示資料 国重要文化財 「菅江真澄遊覧記」 89冊
初公開資料:菅江真澄が使っていた本<沢本(しゅたくほん)>、真澄が絵を描いたとされる板壁、真澄が書いた神社の棟札
   展示構成と資料
第一章 旅と日記  …信濃の旅から秋田の旅まで
・各地の旅について順に紹介します。 
第二章 記録の視点
    ~ところ、
     ためし、
     うつわ
…真澄が記録した土地、習俗、器・モノ
・≪粉本稿≫にある言葉「世にことなれるところ、…うつわ、
 …ためし」の代表例を紹介します。
・「うつわ」については、実物資料と対比して紹介します。
第三章 交流の譜 …人との交流を示す遺墨資料
・掛軸、短冊、書簡などを紹介します。
・初公開資料:伝真澄描画「佐藤太治兵衛家旧蔵板壁」
第四章 学びの方法 …真澄はどのように学びを深めたか
・手沢本、書写本、随筆
・初公開資料:真澄手沢本「榊葉日記」
第五章 名所を謳う
…土地のよさを歌や図絵に表現する
・勝治臨毫など、真澄の視点から名所を紹介します。
第六章 地誌を編む …平鹿郡と仙北郡の詳細な記録
・地誌の平鹿郡14冊、仙北郡24冊の全点を開帖。
・初公開資料:真澄自筆「藤杜神社棟札」 
付帯展示 真澄を楽しむ
(会場:ふるさとまつり広場)
 …学び方・読み方それぞれ
・写真、版画、イラスト、紙芝居で楽しみながら学びます。 
   
 
ナマハゲ ハタハタ オス  ぶりこをとる浦乙女 
 
もやの澤の桜   歳末の買い物 小角の橋 

   関連イベント 菅江真澄没後190年記念シンポジウム (兼)全国菅江真澄研究集会
  テーマ:「真澄の今-ゆかりの地からの発信」 ▶詳細ページへ
  共催:菅江真澄研究会
  日時:9月29日(土)午後1時~午後4時40分
  会場:秋田県生涯学習センター3階 講堂 (秋田市山王中島町1-1)
  定員:300名 要申込み 参加無料 どなたでも御参加いただけます。
  申込み先:秋田県立博物館〒010-0124 秋田市金足鳰崎字後山52
       TEL 018-873-4121 FAX 018-873-4123 E-mail:info@akihaku.jp
 
  申込みについて:【一般の方…要申込み】菅江真澄研究会が記念誌を刊行しますので、研究会
   員は研究会宛お申し込みください。当日、参加者全員にシンポジウムレジュメを配布します。

②菅江真澄講話会「真澄学入門」
  協力:菅江真澄研究会

  日時:10月5日(金) 午後1時30分~午後3時(開場午後12時30分)
   「真澄の足跡をたどって」 
  講師:角崎 大(当館学芸主事・真澄担当)

  日時:10月19日(金) 午後1時30分~午後3時(開場午後12時30分)
   「菅江真澄の不思議」  
  講師:小笹鉄文(菅江真澄研究会会長)

  日時:11月2日(金) 午後1時30分~午後3時(開場午後12時30分)
   「いづこにか旅人は行ぞ~菅江真澄の旅姿」
  講師:永井登志樹(菅江真澄研究会副会長)

  会場:秋田県立博物館1階 学習室
  定員:先着40名 申込み不要

③ビデオ上映会「菅江真澄の旅」(2002年紀伊國屋書店制作)
  日時:9月28日(金)、10月12日(金)、10月26日(金)
     午前/10時~12時30分(真澄の生涯、青森・津軽編、岩手編 各編約45分)
     午後/1時30分~4時(北海道編、青森・下北編、秋田編 各編約45分)
  会場:秋田県立博物館1階 スタディルーム(菅江真澄資料センターの奥)
  定員:30名 申込み不要(定員内出入り自由)

④展示解説会
  日時:9月23日(日)、10月14日(日)、10月28日(日)
     いずれも午前10時~11時
  会場:秋田県立博物館2階 企画展示室
  案内:担当学芸職員
  定員:15名程度 申込み不要

     
     





ページの先頭に戻る