秋田県立博物館

Akita Prefectural Museum  



 
   展示期間 平成29年9月23日(土)~11月12日(日)
   開館時間 午前9時30分~午後4時30分(11月からは午後4時閉館)
   休館日 毎週月曜日 月曜日が休日の場合は次の平日
   展示概要  秋田県と山形県にまたがり裾野を日本海まで広げる標高2,236mの鳥海山は、東北では2番目に高い山です。

 その出で立ちから出羽富士や秋田富士とも呼ばれ、親しまれてきました。また秋田県民歌に「秀麗無比なる 鳥海山よ」と歌われているように、秋田を代表する山岳の一つに挙げられます。

 しかし、鳥海山は気象庁が常時観測を行う活火山の一つであり、何度も噴火と崩壊を繰り返し、その活動によ
り現在の鳥海山とその周辺の地形、自然環境が形成されてきました。

 豊かな自然環境は、国定公園として整備され、日本百名山・日本百景・日本の地質百選にも選定されています。また、昨年は鳥海山・飛島ジオパークとしての認定もされています。

 この展示では鳥海山の特徴的な地質や生物を紹介します。

チラシPDF(約4.5MB)
   展示構成と資料
1、火山 鳥海山の形成史、活火山、火山防災とハザードマップ、象潟地震、埋もれ木(象潟インターチェンジの工事現場から出土)
2、水の恵み 湧水の起源、湧水群・滝の紹介、海岸湧水
3、鳥海山の生き物  イヌワシの生態の紹介、保護の取り組み(大森山動物園、環境省)
その他の鳥類、冬師湿原の昆虫、鳥海山で見られる植物
獅子ヶ鼻湿原、鳥海マリモ
 4、鳥海山・飛島
  ジオパーク
 ジオパークとは?
ジオパーク・各ジオサイトの紹介
   
鳥海山の溶岩 工事現場から出土した埋もれ木 
 湧水群・滝の紹介 イヌワシ 
 鳥海山で見られる鳥たち 鳥海山で見られる特徴的な昆虫 
 鳥海山で見られる特徴的な植物  鳥海山・飛島ジオパークの紹介

   関連イベント 展示解説
期 日:10月1日(日)、10月15日(日)、10月29日(日)、11月12日(日)
時 間:午後2時開始(30分程度)
会 場:企画展示室
申 込:不要



     
     





ページの先頭に戻る